タタミスタジオとエアロ・ヨガのBF.REC

満員となりました。完全な暗やみ・音と瞑想 -クリスタルボウル・ヒーリング-

完全な暗やみ・音と瞑想 -クリスタルボウル・ヒーリング-
水晶から作られた楽器・クリスタルボウルの音とともに完全な暗やみ空間で行う瞑想体験。

ふだん、瞑想をやってみたいけど意識が集中できない・・・という方、クリスタルボウルの音にアタマとココロをゆだねてみてください。自然と意識がほぐれていきます。

ふだん、瞑想をやってみたいけど眠くなってしまう・・・という方、目を閉じるのではなく、全力で見開いてみてください。完全な暗やみがやさしく包みます。

完全な暗やみという虚無の中から、見えるはずのない光を探してみましょう。

※アイマスク等で遮光するのではなく、会場全体が完璧な暗やみに包まれます

===========

日常生活において、頭は常に「情報の処理」へ追われ、思考へ集中することが難しくなってきています。あなたはいま、なりたい自分になれているでしょうか?なりたい自分がイメージできているでしょうか?

わずかな時間でも立ち止まり、思考へ集中することで本当の自分らしさを探してみましょう。

クリスタルボウルという楽器は単純な音の繰り返しで脳から余計な「処理」を排除し、「思考」へと集中させます。今回はさらに世界で唯一の試み、完全な暗やみ(顔の前に手を置いても絶対に見えません)の中で音とともに瞑想を行うスペシャルなプログラムです!なにも見えない状態だからこそ加速される集中力、皮膚感覚、ひらめき。

神々の島・バリ島には真っ暗やみでガムランを聴き、瞑想をする「ムルヨララス」という祭りが伝わっています。ネイティブ・アメリカンは一人で暗い山へ篭もる「ビジョン・クエスト」が成人の儀式として行われています。さまざまな世界から想起されたイベント、クリスタルボウルを用いた「暗やみの音」を、ぜひ体験してみてください。

■クリスタルボウルについて
水晶から作られた円形の楽器。非常に澄んだ伸びやかな音を出し、その音を体に浴びせることによって深いリラクゼーションを得る「サウンドヒーリング」のツールとして利用されています。

■演奏者の紹介

MAGARI  http://www.crystalbowlhealing.info/

2005年からクリスタルボウルの演奏をスタート。毎月開催の定期イベントのほか、各種ヨガワークとのコラボや逗子で行う一泊二日のリトリート、完璧な暗やみ空間での演奏「暗やみの音」、クラブミュージックとの融合など、さまざなスタイルでクリスタルボウルの活動を続けています。演奏回数は年間100回を超え、新しい音体験と意識の拡大を提案し続けています。

■日程
3月17日(土・新月)17時半〜20時半(3時間、休憩時間含む)

■会場
タタミスタジオ
埼玉県 川口市芝中田1-6-12 2F
京浜東北線 蕨(わらび)駅から徒歩8分、蕨駅まで池袋駅から電車で約20分
Google Map
http://goo.gl/maps/OIxGd

■タイムテーブル(当日変更になることがあります)
17:30 開場。ご入場いただけます
17:45~18:00 イベントについての事前説明
18:00~19:00 完全暗転し、音とともに瞑想。演奏終了後、少しずつ通常の明るさへ戻します。
19:00~19:15 休憩
19:15~20:00 通常の明るさで再びクリスタルボウルの演奏。寝転がっていただいても構いません
20:00 終了。閉場までご自由にお過ごしください
20:30 閉場

■参加条件
万が一の事故を防ぐため、妊娠中の女性、乳幼児の参加はご遠慮いただいております。

■ご参加にあたって
会場は完全に暗転します。暗やみが苦手な方は参加をご遠慮ください
スマートフォンやデジタルの腕時計など、すべての電気製品の電源をお切りいただきます
目が見えないことで感覚が鋭敏になります。香水や化粧品、柔軟剤の匂いにご配慮ください
意識を切り替えるため、入場後は静寂にご協力ください
暖房器具は使用できません。温度調節のできる衣類をご持参ください
演奏は座った姿勢(瞑想の姿勢)で聞いていただきます。スカートでのご参加はご遠慮ください
更衣スペースがありますので、リラックスウェアに着替えていただくことも可能です

◇定員
10名 満員となりました。

◇参加料金
一般チケット:5,000円
タタミスタジオ会員:4,500円(チケットはご使用できません、当日現金にてお願い致します)

タタミスタジオ会員のお申し込み

https://bfrec.com/tatamistudio/workshop.html

一般の方のお申し込み

https://peatix.com/event/155040

※このイベントはスピリチュアルなイベントではありません。

 



this is default footer data